読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone7における高級イヤホンの選び方~Bluetoothのすゝめ~

 ついに販売しましたね、iPhone7。耐水機能が付いたりもろもろの機能が付いたりして、二年契約が切れかけている人はみな飛びつくんじゃないでしょうか。

 さはさりながら、歴史上稀にみる改悪が施されていることでもまた、有名です。

 

 

イヤホンジャックがない!!!

 

 

 ないんです。イヤホンジャックが。イヤホンジャックがないので、今までの高級イヤホンたちは音質を非常に損ねてしまうケーブルを通してでしか音を鳴らすことが出来ません。はっきり言って、iPhone7を持っている人で高級イヤホン(10Pro等々)を買うのはやめた方がいいです。本当にびっくりするくらい音質が悪くなってしまいます。

trendy.nikkeibp.co.jp

(例えばこのエントリーではかなり批判的なコメントがされています)

 

 それでも、iPhone7で高音質の音楽を楽しみたいという人はいるでしょう。私もそのうちの一人です。本エントリーは、そういう人のためにある、”抜け道”をご紹介します。(とはいうもののタイトル通りなんですが笑)

 

続きを読む

喉が痛いときに効く秘密兵器「ペラックT錠」

 最近気温の寒暖さが激しいですし、暑いときに冷房をつけっぱなしにして喉を傷めたりしてはいないですか?

 喉の痛みは放置していると大変ですよね。今回はそんな喉の痛みに効く最強のクスリ、ぺラックT錠をご紹介します。

 

続きを読む

「帰ってきたヒトラー」はただのコメディ映画じゃない。最高の映画だ。

 最近映画館で見た映画の中でダントツに面白かったのが「帰ってきたヒトラー」。CMを見る限り、ヒトラーをコメディタッチで使った映画のよう。しかし、作品の本質はコメディタッチものでもなければ、既存のヒトラー映画とも一線を画した、民主主義とは何かを考える最良の映画なのです。
 
ネタばれを多分に含んだものですので、注意してください。
 
<目次>
1 この映画の本質ーポピュリズムの追体験
2 現代の文脈で再解釈する