読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画2:『オデッセイ』はNASAと米国会の対立の産物

映画

 昨日全国ロードショーとなった『オデッセイ(原題:The Martian)』。


映画『オデッセイ 』予告編

 この作品は見るものを元気にさせる何かがあります。しかし、それだけではなく、違和感のある構成でもありました。本エントリーはその部分に切り込んでいきたいと思います。

 

~あらすじ~

火星へ有人飛行のミッションに参加した主人公マーク・ワトニー(マット・デイモン)。火星でのミッション中に嵐に巻き込まれ、チームの仲間たちは、はぐれたマークを死亡したと判断を下します。しかし、実は生存していたマークは一人火星に取り残されてしまいます。厳しい環境の、限られた食料のみで、4年後のNASAの救出まで生き延びる決意をするマーク。一方地球では、彼を生還させようと、マークのチームたちと科学者たちが奮起します。世界70億人が彼の生還を祈るなか、マークは地球に生きて帰ることができるのでしょうか…?!

映画『オデッセイ』あらすじ・キャスト・公開日【もしも火星に取り残されたら?】 | Ciatr[シアター]

1 どん底に陥っても何とかなる

 主人公であるマーク・ワトニーは、火星で起きた砂嵐*1によって一人取り残されます。そのため、4年後に3800キロ離れたところに来る救出を待たなくてはならなくなりました。しかし、食料はどう見積もっても1年分。この極限状態を打破すべく、科学の力*2を用います。しかし、度重なる悪運によって、何度も何度も失敗に終わります。なんで彼はここまで運が悪いのでしょうか。

 そのたびに「1つ1つ問題を解決する」という事を徹底していきます。そんな劣悪な環境の中、彼はジョークを飛ばし続けます。上映時間の半分以上はマーク・ワットニーを映しているだけですが、コミカルで観るものを飽きさせない作りになっています。何故か流れるディスコミュージックも絶望的な状況に関わらず、悲壮感をあまりみせません。

 この映画を観ていると、「あ、いま自分のいる状況は火星で取り残されるよりはマシかもしれない」という気分になるでしょう。多分。本作のマーク・ワットニーを演じるマット・デイモンは『インターステラー』でもある惑星に取り残されるマン博士を演じています。こちらの作品は『オデッセイ』よりもシビアなストーリーです。オススメです。

インターステラー [Blu-ray]

インターステラー [Blu-ray]

 

 

2 太陽神計画の突然感

 作中に中国のエンジンを借りるシーンが存在します。しかし、だいぶ唐突に、大筋に関係のない形で話にはいてくるので、観ている人は驚きを隠せなかったでしょう。

 その大きな理由として考えられるのは、中国の存在を無視できなくなっているという政治的な背景*3があるのはないでしょうか。現在、アメリカと中国は宇宙進出に向けて競争をしています。現在、米国会の規定*4により、アメリカは中国と宇宙事業の協力をすることが出来ません。しかし2015年10月13日のロイター通信をみると、

米宇宙航空局(NASA)のチャールズ・ボールデン長官は12日に国際宇宙航空大会で、「米国は人類宇宙事業をめぐり、中国と協力する必要がある。NASAと中国の宇宙事業協力を禁止する米国会の規定は一時的なものに過ぎない」と語った。

ボールデン局長によると、将来、中国との宇宙事業協力は必要である。さもなければ、人類が宇宙ステーション以外の宇宙施設に送られる事業において、米国は除外される。中国国家航天局の許達哲局長は「我々はもちろんこの暫定的な時間を短縮することを希望している。ほかの宇宙機関との協力に関し、我々は困難だと思わない」と語った。

中国との宇宙事業協力が必要−NASA局長 - ライブドアニュース

という背景が存在しています。NASAサイドとしては中国と連携を意図しており、米国会はそれに対立している構造が存在します。そこでNASAはオデッセイの制作に関与する形で、自分たちの主張を世界に広げたいという意図があったと思われます。ちなみに、この作品に登場する主な国はアメリカ、イギリス、中国です。

  

映画というものがあるセクターの意図をとおすために使われている、そういう視点でこの作品を見ると新たな発見があるかもしれません。映画は必ず、何かしらのメッセージを持ちます。

 

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

 
火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

 

 

*1:火星では実際その規模の砂嵐は生じないようです。

*2:作中の表現を借りるのであれば、科学の力ではないのかもしれません

*3:下院歳出委員会商業・司法・科学小委員会のフランク・ウルフ前委員長が11年のNASA歳出予算法案に、中国との協力を禁じる条項を盛り込んだのは、中国の人権問題が理由だった。ウルフは、中国をナチスになぞらえたこともある対中強硬派だ。この条項により、中国人の科学者は国際宇宙ステーション(ISS)に搭乗できない。ウルフは昨年引退したが、後任のジョン・カルバートソン小委員長も、「赤い中国をわが国の宇宙開発プログラムから排除」し続ける意向を示している。もっとも、これにより人権問題に関する中国の姿勢が変わることはないだろう。アメリカ以外の国が同調していないからだ。アメリカの一部の情報機関当局者の間には、技術交流を行うと中国に軍事利用されるのではないかという懸念もある。根拠のない懸念ではない。中国は07年1月、自国の気象衛星を標的に用いて衛星破壊実験を成功させている。

宇宙での「中国外し」は限界 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

*4:米国下院歳出委員会のフランク氏は2011年4月に国会で認可された歳出案に、「NASAホワイトハウス科学技術政策局は連邦資金を使い、中国や中国の所属企業と、宇宙事業協力をしてはならない。NASAの全施設が中国政府からの訪問者の受け入れを禁止する」などの条項を添えている。

中国との宇宙事業協力が必要−NASA局長 - ライブドアニュース