iPhone7における高級イヤホンの選び方~Bluetoothのすゝめ~

 ついに販売しましたね、iPhone7。耐水機能が付いたりもろもろの機能が付いたりして、二年契約が切れかけている人はみな飛びつくんじゃないでしょうか。

 さはさりながら、歴史上稀にみる改悪が施されていることでもまた、有名です。

 

 

イヤホンジャックがない!!!

 

 

 ないんです。イヤホンジャックが。イヤホンジャックがないので、今までの高級イヤホンたちは音質を非常に損ねてしまうケーブルを通してでしか音を鳴らすことが出来ません。はっきり言って、iPhone7を持っている人で高級イヤホン(10Pro等々)を買うのはやめた方がいいです。本当にびっくりするくらい音質が悪くなってしまいます。

trendy.nikkeibp.co.jp

(例えばこのエントリーではかなり批判的なコメントがされています)

 

 それでも、iPhone7で高音質の音楽を楽しみたいという人はいるでしょう。私もそのうちの一人です。本エントリーは、そういう人のためにある、”抜け道”をご紹介します。(とはいうもののタイトル通りなんですが笑)

 

 1 Bluetoothという選択肢

 タイトルをそのまま持ってきました。有線がだめなら、無線を。ケーブルが使えないならBluetoothを。ということで、Bluetooth形式のイヤホンでオススメをご紹介します。音質にこだわらないという人であれば、今まで通り優先を使っていただいて大丈夫なので、本エントリーを見る必要はないかと思われます。イヤホンスパイラルの深淵に迷い込んでしまったごくわずかの人向けのエントリーですから。これは。

 Bluetooth初心者のために簡単な説明をすると、

Bluetoothブルートゥース)」とは、デジタル機器の近距離間データ通信に使う無線通信技術の一つです。Bluetoothでは、対応した機器同士がワイヤレスでデータをやりとりできます。最近では、イヤホンやスピーカー、キーボードなどさまざまな製品が対応し、用途が広がっています。

知らないと損!スマホを超便利にする「Bluetooth」の使い方ガイド - モバレコ

 わかりやすく言うと、無線です。線がないだけです。それをイヤホンに応用しているわけですね。直接データを飛ばしますので、音質がかえって悪くなるのでは?という疑問を持つ方もいるでしょうが、最新の技術によってその点はクリアしています。それ自体の問題はありません。

 しかも、イヤホンにありがちな取り付け問題も解消されます。だってケーブルがないんですから。ダイレクトに音が耳に入ってくることが分かるでしょう。

 Bluetoothの設定が難しい!みたいな声も聞こえてきそうですが、なんら難しくありません。iPhone7のBluetoothのスイッチをオンにして、ペアリングをすればいいだけです。幼稚園児でもできます。日本語が読めなくてもできます。詳しくは

direct.sanwa.co.jp

こことか、

iphone-mania.jp

ここを参考にしてみてください。

 

2 PHILIPS TX2BTBK

 ワイヤレスイヤホンの中でも、同価格帯の有線イヤホンと匹敵するくらい音質が良いとされています。

 基本スペックは

迫力のある13.5mmドライバードライバー
人間工学に基づき角度の付いたオーバルサウンドチューブが耳にフィット
再生周波数帯域:6-22,000Hz
インピーダンス:32Ω
感度:108dB
最大入力:30mV
音楽再生時間(Bluetooth接続):約5.5時間
待ち受け時間(Bluetooth接続):約150時間
通話時間(Bluetooth接続):約6時間
Bluetooth プロファイル:A2DP,AVRCP,HFP,HSP
Bluetooth version:3.0 + EDR

 となっています。

具体的な感想を見てみますと、

 「TX2BTBK」はBluetoothイヤホンとしてだけでなく同価格帯の有線式イヤホンと比較しても良いのではと思われるほど高音質です。

一般的なBluetoothイヤホンと比べると、ハイレゾ対応を謳う製品ほどでないにせよ再生可能周波数域が上下ともに広くなっています。そのため、全域で解像感の高い音再現を実現していると感じます。
多くの場合において1万円以下のBluetoothイヤホンは「高音域と低音域の再現性を重視」する傾向にあるのですが、このイヤホンは中音域の解像感も非常に高い。特にクラシックやアコースティク音楽を聴いた時にその違いがよく分かる感じ。
私は、クラシックはイヤホンで聴くことは殆ど無く、大抵はスピーカー出力か有線のヘッドホン(古いテクニクス製など)を使うのですがこのTX2BTBKでは積極的にクラシック曲を聴くのにも使いたいと感じます。もちろん、音楽全般でどれかの相性が悪いという感じはありません。

Amazon CAPTCHA

 このように、オールマイティな様相を呈しているのがこのイヤホンです。例えばPrime MusicやGoogle playなどのクラウドサイトとも親和性が高そうですね。

 初めてのワイヤレスイヤホンです。今までbeats tour v2を使っていて、音に不満は無かったのですが、タッチノイズが酷く、歩くたびにガサゴソとノイズが気になっていました。
そんなときにワイヤレスイヤホンの存在を知り、色々と物色したところ、こちらの商品が何かと評判が良さそうなので、近所のビックカメラで試聴してみることにしました。
そうしたところ、本当にワイヤレスかと思うほど、音質が良く、流石にbeatsにはかなわないものの、それに近いレベルで低音が効いていることに驚きました。もちろん高温もクリアーに良く出ています。
beats tour V2に比べてややフラットな感じはしますが、とても聞きやすく、疲れにくい感じです。気に入ったので、購入することにしましたが、ビックカメラでは買わずにAmazonでポチりました。

Amazon CAPTCHA

 このコメントにもあるように、タッチノイズ(イヤホンがこすれる音)がまったくないのも魅力的です。Beatsの温室にはかなわないという風に書いてありますが、そんなことはないです。

 良くわからないけど、Bluetoothって、圧縮するから音が悪くなるんだよね?これさあー、ホントにBluetoothなの?って思ったよ、音良すぎて!充電する手間があるけど、そんなのカンケーねぇ!フィリップ恐るべし、買って損は無いと思う。

Amazon CAPTCHA

 本当に恐るべしです。

 

 

いかがでしたでしょうか?iphone7を購入して音楽を聴かれる方は、ケースやフィルムよりも先にワイヤレスイヤホンを購入した方がいいかと思われます。品薄になる可能性大ですので。